24.2.16 Fri 黄金の国❞岐阜 伝説

    信長で有名な岐阜はご存知の様に戦国時代 天下取りの舞台になりました!「天下布武」を旗の下に岐阜城を本拠地に大活躍しました。2020年には、またもや岐阜を舞台に繰り広げられた「麒麟がゆく」でしたっけ明智光秀が主人公にしたNHK 大河ドラマが繰り広げられたのです。信長は拠点を3回変遷しています。まず

 

 

回想:魅入られたグラス・陶器.磁器の世界/山田陶器店

 仕事帰り陶器が目に入りふと何時も吞んでいるビールのグラスが頭をよぎり、帰宅通勤路の陶器店に入る事に!先ずはビールグラス目当てに「確かあの辺にグラスがあったはず。」とそこへ・・・。

 お気に入りグラスがあるはあるはどんどん引き込まれていきます。そんな中目に止まったのが、ビール工場見学でいつも見かけるグラス定番ビール用グラスを見つけました。

 そう言えば前にこういうグラス買った事あったと思い出す。ビール工場見学に嵌っていたあの頃「そうそう」コロナ禍前でした。あれから4年になるのか。ビール工場見学に嵌ったころは、確かコロナ禍の2年前ほどになる。そんな事を回想してました。ビール工場見学には ” 思い出があるなー ”とあれこれ回想に余念がありませんね!

麦酒と漢字表記の洒落たグラスビールがうまく吞めそうと想像が膨れるばかりです。

この続きはこの後一二時間後にと考えています。





24.1.31 Wed 至福の一杯・麒麟ビール名古屋工場見学

去る1月31日麒麟ビール 名古屋工場見学のメインイベントかんぱい!一杯のビールをビールサーバーからの注ぎから最高な一口目 説明分析してみました。

    キリンさんさんによるビール注ぎ実演見。f:id:miyasig3:20240207203209j:image最期の泡の高さ調整が微妙見たいです。
f:id:miyasig3:20240207203326j:image美味しそうに注げています。泡もバッチリ決まっています!画像は残念ながら一杯目呑んだ後です。いつもそうですが一杯目の始めの口に運んだビールの味とのどごし堪えられません!
f:id:miyasig3:20240208101433j:image
f:id:miyasig3:20240208131022j:image
f:id:miyasig3:20240208131134j:image



麒麟ビール名古屋工場見学 24.1.31 Wed ー1

  きょうは待ちに待った麒麟ビール 名古屋工場見学の朝を迎えています。張り切っているせいか暗いうちに起き始動し始めました。外はご存知の様にまだ夜が明けてません。道路温度標示は2℃を示しています。
f:id:miyasig3:20240204233822j:image
眉山山頂に到達する頃には辺りがかなり明るくなってきました。7時前後だと思います。

NTT Docomo 中継局が立つここが眉山頂上のポイントになります。真冬になってから頂上まで歩くのがなかなかと云う感じになってましたが今朝はクリアできました。

今朝の空模様雲が多いようです。晴れに変わってほしいと願いたいです。

2時間の山歩きから帰宅キリンさん出発の前に腹ごしらえしました。

お腹が膨れて9時キリンさんに向けて自宅出発しました。途中長良橋から金華山山頂にそびえ立つ岐阜また清流長良川の穏やかな水の流れ写真にてまります。

岐阜駅到着 駐輪場置き場に自転車預け定刻10時になりました。

岐阜駅からJR線枇杷島駅まで行きます。普通10時13分発です。

20分ほどで枇杷島駅に到着送迎シャトルバス停で待ちます。バスに揺られて5分くらいですか?ビール工場に着きました。玄関で金のシャチホコお出迎えしてくれます。

ここからのブログは麒麟ビール名古屋工場見学 別編 メインイベント編で紹介になります。












































 

サントリービール京都工場見学全行程!

    ❝ 去る1月22日サントリービール  京都工場見学ツアー ❞の回顧になります。      皆さんあの有名会社ウィスキーと云えば一目で思い浮かべるそう!サントリーです。その有名会社へ工場見学ツアーの訪問日当日朝から思い出しながら辿ります!3日過ぎても尚未だに興奮冷めやらぬ熱い想いが蘇って来ます!

地元の眉山200m級 私の山歩きの日課にしています。この日も中腹まで行った戻りいつも見落とすこの岩盤地層目に止まりました!縦に地層が走っています、山が隆起した跡がわかります。

山の日ノ出 きょうも太陽元気です!

道路温度標示4℃示してます。暖かいです。

雲の動き、線状で面白いです。










  JR長岡京駅改札出た直ぐのベンチで関西の京都のおもろいおしゃべり好きなおばちゃんと遭遇 初対面でも気さくに応じて頂き大笑い。ありがとう関西のおばちゃん!

ビール工場シャトルバスから見えてきました 感激です!























 

温泉上がりと酢しめ鯖で一杯だ~ 24.1.20 Sat

    朝から雨が降りあいにくの天気ではありましたが温度的には朝の最低は5度と大変暖かな中での始まりとなりました。お蔭で山歩き中止。私の記憶では正しいければそれででいいのです!

 仕事は午後からなので その間を利用して温泉に10時回ったところで行きました。相変わらず温泉駐車場は一杯です。温泉入湯後のお楽しみタイムがやって来ました。

そうです、休憩室での一杯です 新聞じっくり目を通したのち奥の畳敷きの部屋へ移動おもむろに大好きなビールもどきではありますが、飲めば飲みごたえのあるビールと同じ位の価値がある様です。ドーナッツとちくわが肴になります。

竹輪と

満笑みな私です。この頃になると気分は絶好調。

 夜は夜とてやはり定番バーリアルで一杯です。今度は お酢の利いた「絞め鯖」が当てになります。

かくして一日は終わるのであります。写真ありませんが刺身の切り分けが大変、包丁が悪いか私が悪いか「さーどっち。」

 

一ノ宮 訪問 新年度 再来 駅前商店街!24.1.19 Fri

結構嵌ってます!一ノ宮訪問…

    この話は、朝からの繋がりがまずあります。朝の目覚めの良さ 昨日朝とは考えられ無い 脳が覚醒した感覚を覚えた 💪脳活動常態👍がありました!オーバーに表現すると 自分の心に🙆神が宿る感覚🤩まあ、本人が申しておりますので そう!理解しといてください。

昨日の雨模様からは一転 筋雲程度の薄い空 御天とうさまが気持ち良く 笑顔で現れるでしょう!神様の参上が如く。外の気温5℃を表示 間違いなく朝にしては暖かいです!

    眉山 山歩き 途中 感じましたが 山を登っていると 霧が深いことを実感しました。ご覧の通りです。また ちょっとお恥ずかしい話ですがテンション上げるために 全身振り絞って大きな声で叫びます これが私のルーティーンです 私に取っては貴重な 壱パフォーマンスなのです。

                中腹からの復路途中 お天とうさまが顔を出し始めます。

 今日の朝食鶏肝炒めモヤシ入り モヤシのシャキシャキ感出てまして美味しく頂きました。汁物は画像のタイミング悪く 白菜汁の白菜食べた後の残骸状態 お粗末です。     食パントースト食べたにも関わらず菓子パンのアンドーナッツとコーヒーでデザートと云った所でしょうか。

軟骨生成の為 森永製菓の「コラーゲンドリンク」今日はレモン味を飲みます。

 前日9時までに自宅出発を計画してそれに間に合うように必死で食事作りとその他準備(行くのに可能な場所 有名神社・仏閣の何処かを密かに考えていました)してたのに。それでも何とか30分遅れでの出発になりました。暖かなので自転車で取り合えず遠方へも行けるJR線 岐阜駅へ向かいます。

 駅東口に設置の温度計13.0度を表示しています。ちょっとわかり難いかも知れませんが温かいです・

 JR 尾張一宮駅前商店街散策中に 去年冬に訪れ昼食取ったお店の名前:「さかな」魚料理屋の看板見えてきました。一瞬「どうしよう!」と ちょうど昼時迷いましたがすぐ止めを決断「やっぱり駅でリーズナブルな手頃食糧:駅中にあるお店で食料品とビール購入を決定 一路駅方面目指す。

   

 ビール・鶏レバー甘露煮・軟骨を購入 ドーナッツは、自宅から駅までの道中で購入したもの。軟骨・鶏レバー甘露煮合わせても立った200円、ビール・ドーナッツ合計でも500円ちょっとと良い買い物だと思います。これで十分 日差しが差し込み風のない暖かな外での食事 美味しくて申し訳ないような気持ち しかも昼間から一杯本当に幸福です。

見て下さい この満足げな顔を・・・。

 駅の通路の名鉄百貨店のピアノが置いてある場所で普段着でピアノ演奏者に遭遇「これは声を掛けるチャンス到来かと予感させるシュチィエーション、演奏を暫く聞いて終わったところで賛美の拍手と素晴らしい的な言霊連呼「お上手ですね。」と云うと「いえいえ素人ですので」と謙遜言葉の返事「そんなことないですよ」そんなやり取りから ”イチミン ” と云う一宮キャラクターファンという事が判明 今来ているティシャツもイチミンティシャツだそうで、写真にも確かに写ってます。見事知り合ったばかりの人と雑談5分ぐらいかなさせていただきました。相手の方一宮市民で友達との待ち合わせ空き時間にピアノを弾いていたとのこと。とても気さくでおしゃべり好きな社会性のある方で、楽しく雑談できました。またこれも ” 感謝です ”、ありがとうございました。

    本日も有意義な日を誠にありがとうございます。